読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The biens note

WE ARE THE BIENS.

bolt from the blue 1st single 『your song』release tour

LIVE REPORT 吉畑 The biens

f:id:thebiens:20160121235536j:image

 
bolt from the blue 
1st single 『your song』release tour
 
急遽決定したライブでした。
東京で活動するbolt from the blueさんのリリースツアー。インストバンド。めっっっちゃくちゃ素敵でした。
 
等でしょうか。
あとは、ソノダバンド?
 
歌がない。というだけあって、各楽器陣のアプローチはキャッチー。リズム隊はキメるところは華麗にキメ込むし抜くところは抜いて軽やか。一曲を聴くにあたって飽きがこない味付け、それがインスト。ゲームのBGMなんて最高のインスト曲ですよね。
 
はい、bolt from the blue。彼らの楽曲も、本当に素晴らしかった。心地良かった。なんであんなに上手いの。
 
今年はライブハウスだけではなく、バーでも演奏しようと目論んでいるみたいです。絶対に合うし、料理も美味しくなること請け合い。
 
 
めっっっちゃ良くないですか?
東京のバンドなので、個人的な好みで言うとfulaや、ポッグカウチナゲット、Choir Touched Teras Chordとかと一緒に関西に来て欲しい。絶対に観に行くし、たぶん、泣く。めっちゃ泣く。
 
 
 
 
 
MCでも度々話していた「歌はないけど演奏で魅せる。頭からっぽにして好きなように見て。そして感じてほしい」という言葉(文言はかなり違う)。
最近は『踊るロック』の様な音楽が主流になってしまったせいで、ライブハウスでは予定調和な盛り上がりが多発。MVではダンスをするお客さん、女の子が大前提だったりでもはや宗教。
統率の取れたダンス。それも面白いのかもだけど、それはライブを見てすることかね、と思うわけですよ。
 
だからこそ、bolt from the blueの言葉には頷いたし、彼らの音でフロアのお客さんたちは各々の楽しみ方で彼らの音を聴いていた。揺れていた。
 
いいバンド、いい音楽ってそういう「はい!ここ盛り上がるポイントね!せーのっ!」みたいなのなくても盛り上がるからズルいし、悔しい。楽しい。
 
そういうバンドがもっと日を浴びて、売れるべきだと思うのです。うん。
あー、いい夜だった。音源買った。めっちゃ聴こう。